1人での活動には限界がある

看護師の資格を所持していて、実務経験が長くある人ならどこの病院に転職することは可能となるでしょう。医療業界は人手不足と言われているので、特に地方の病院などでは経験豊富な看護師を求めているところも多くあるでしょう。しかし、看護師の転職を1人で行うのは正直困難といえます。一般の求人では公開しない病院もあります。主に大学病院や公立病院の求人の殆どは非公開や、求人雑誌などには掲載されないことが多いようです。そこで、転職を考えている看護師は無料の転職支援サイトを活用するといいでしょう。こういったサイトはいくつかありますが、サポート体制が整っており面接にも同行してくれたり、給与や待遇の交渉も変りにやってくれます。転職支援サイトだと、非公開の求人も多数あり、元々求人の少ない公立病院の求人も多く持っているようなので、雑誌や安定所では見られないような求人を見ることができるのが大きなメリットとなるのではないでしょうか。支援サイトを利用するのは、ただ転職するだけでなくいかに自分に合った病院を見つけるかということにも関係してきます。適当に条件のいいところだけで決めても、自分には合ってない環境だった為に、またすぐに転職をしなければならなくなるでしょう。そうならない為にも、自分がどんな条件を求めているのか、将来的に何を目指しているのか、どんな環境で働きたいのかなど明確な理由や、将来的なビジョンをしっかりもっていた方がいいかと思います。目標がしっかりしていれば、それに向かって進むことも出来ますし、そこを目指してやる気も出てくる事でしょう。やる気が出ることで自らのスキルアップにも繋がっていくと思います。スキルアップするということは、次の転職にもまた有利になるでしょうし、長年働き続けていればいずれは婦長などの要職につくことも可能となるでしょう。ですが、いくら看護師の需要が高いとはいっても資格だけ持っていても採用はされません。即戦力を求められているので、実務経験が有る無しでは大きく異なってくるでしょう。特に、民間病院を経験している人は、過酷な環境で鍛えられているので個々のスキルも高いといえます。大学病院などを経験してる人は、より専門的な知識や技術をもっていますが、それば全く役に立たないということもあるようです。新人の育成に力を入れている病院もありますが、殆どは大きな病院や大学病院です。個人でやっている小規模の病院が望むのは即戦力となるので、新人の場合はとっつきにくい印象を受けるかもしれません。積極的に新人を受け入れる病院というのも限られてきているようです。ギリギリの人数でシフトを回しているような病院は、新人を教育している余裕はないのでそういったところは経験が豊富な人を欲しがるのではないかと思います。

ページのトップへ